OB・OG会

会長あいさつ

萩野会長 2017年度シーズン開幕のご報告とご挨拶を申し上げます。
3月12日に新島会館で開催されましたOB・OG総会におきまして引き続きOBOG会長を拝命することとなりました。OB・OG会の会則にありますように会員相互の親睦と現役選手の強化応援に微力ですが全力で取り組んで参りますので皆様方の益々のご指導とご協力をお願いする次第です。
昨シーズンは一昨年20年ぶりに奪還したシードを手放す結果となってしまい、またシンクロ競技もチーム競技で連覇を達成することが出来ず悔しさの残るシーズンとなりました。しかしながら佐々木前キャプテンと4回生を中心に自己ベストを更新する選手も数多くなり、着実に地力をつけてきておりライバル校からも良い意味で注目されるチームに成長している印象のあるシーズンでした。
今シーズンにつきましては昨年9月の幹部交代の席上、新主将の蟹由君が絶対にシード校に復帰すると力強く宣言してくれました。樋口監督の言う通り簡単ではありませんが一人一人がベストを更新し、競り負けないレースをしてくれればシード校への復帰も十分可能だと思います。
本年は門真市のラクタブドーム(前なみはやドーム)でインカレが開催されます、樋口監督が4回生で主将を務めた昭和53年のインカレも大阪開催でした。自由形リレー2種目を制した活躍を現役諸君には再現してもらえればと願っております。9月のインカレではOB・OG会で入場チケットを準備する予定ですので、各年代お声がけ頂き応援に来て頂ければと存じます。
また、9月末には第三回目となります田辺校地でのタイムトライアルも開催する予定にしておりますので是非お出かけください。
いずれに致しましても東京オリンピックまであと三年、我が水泳部からも代表選手を送り出せるよう、より一層のご指導ご声援をお願い致します。

同志社大学体育会水泳部
OB・OG会会長 萩野 眞
【昭和54年 文学部卒】

Copyright (C) DOSHISHA UNIV. SWIMMING All Rights Reserved.