OB・OG会

会長あいさつ

萩野会長 陽春の候、OB・OG会諸先輩におかれましては益々ご健勝のこととお喜び申し上げます、2018年度シーズン開幕に際しご挨拶を申し上げます。
昨年度も残念ながらインカレシード奪還、関西インカレ総合優勝はなりませんでした、またシンクロチームも団体優勝を逃しました。しかしながら決して現役諸君が弱くなっているとは思っていません、口で言うのは簡単だとお叱りを受けるかもしれませんが、今シーズンも男子関西インカレ総合優勝、インカレシード奪還、シンクロチームも日本代表選手輩出を目指して樋口監督、強化スタッフの指導の下厳しい練習に取り組んでもらいたいと思います。
OB・OG会活動につきましては3月10日に新島先生、本宮初代部長先生の墓参のあと新島会館におきまして総会を終えることが出来ました。前水泳部長をお勤め頂きました松岡学長が推進されている「2025 ALL DOSHISHA募金」に積極的に協力し、永年の悲願である室内温水プール建設を大学にお願いしてゆく事を決議頂きました。厳しい社会状況ではありますが母校同志社、何より現役の練習環境整備のため積極的にご参加頂けますようお願い致します。
また、関西地区に止まらず関東、中部、そして九州地区にお住まいの先輩方の区域毎の活動も、まずは地区別名簿の作成からはじめ少しずつ整備してゆきたいと考えております。さらには昨年10月第三回目を迎えました「DUS記録会」(参加者 延べ200名)も継続開催し京田辺キャンパスの活性化、また地域貢献緯にも取り組んでまいりますので、お手伝い頂ける先輩がいらっしゃいましたら事務局までお知らせください。
最後になりましたが、毎年物心両面からサポート頂いております株式会社高槻SS、株式会社城陽SS、株式会社千里丘SPそして賛助会員の皆様にも紙面をお借りして心よりお礼申し上げます。
はなはだ簡単ですがシーズン開幕のご挨拶とさせて頂きます。

同志社大学体育会水泳部
OB・OG会会長 萩野 眞
【昭和54年 文学部卒】

Copyright (C) DOSHISHA UNIV. SWIMMING All Rights Reserved.